スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

著作権について大事なお知らせ。

こんばんは、今日は皆さんに大事なお知らせがあります。

この度、僕のボカロオリジナル曲の「ポジポジ」を
dme(ドワンゴミュージックエンターテイメント)を通じて
JASRACとイーライセンスに著作権を信託することになりました。

最近のボカロ曲は著作権の部分信託がかなり増えてきましたが
それでも一般のリスナーさんからすれば
「え?ジャスラック!?歌ってみたりしたらお金取られるの?」と思われるかもしれません。
最近違法DL厳罰化もされて、色々不安に思うかもしれません。


大丈夫です!一定のルールが設定されますが、基本的に
歌おうが、PVを作ろうが、関係ない動画のBGMにしようが自由です!
ちょっとだけ面倒くさい部分もあるかと思いますが、そのルールを守ってもらえれば
むしろこれまで以上に「歌ってみた動画」等が公式に認められることになります。



===ネットでのルール===
・「ポジポジ」を歌ったor使った動画は、ニコニコ動画やYOUTUBE等に投稿をお願いします。
 (正確にはイーライセンスと包括契約を結んでるサイトにお願いします。)
・生放送で「ポジポジ」を歌うor流す場合は、ニコ生やUstream等のサービスでお願いします。
 (こちらも同じくイーライセンスと包括契約を結んでるサービスでお願いします。)
・ブログ等で紹介する時は、ニコニコ動画やYOUTUBEの動画を埋め込みで引用する形でお願いします。
・歌詞を指定サイト以外に転載しない。転載したい場合は一言声をかけてください。
 (声をかけてもらえれば、そのサイトを指定サイトに追加できます。)
==============



つまり簡単に言えば
「ニコニコ動画やYOUTUBEとか使ってね!
 歌詞をwikiやブログに載せたい時は一言言ってね!」

ということです。



またネット以外でも
お金を取ってライブハウス等で演奏等をする場合は使用料がかかります。
…が、その使用料は大体の場合はライブハウスが払ってくれてるので大丈夫です。
(ライブハウスや演奏ホールはJASRACと契約してるのが普通なので)
ただ文化祭や路上等、JASRACと契約してない場所でお金を取って演奏すると
使用料が発生してしまうので、注意してください。

CDに収録する場合も、原曲そのまま、アレンジ、歌ってみた等形式にかかわらず
無断で収録すれば使用料がかかります。
これは一般流通のメジャーCDでも、同人CDでも、金銭が発生すれば同じです。
事前に相談してもらえれば色々やりようもあるので、CD関係で金銭が発生する場合は
事前に声をかけてください。



もしわからないこととか、「この場合はどうなるの?」という疑問があったら
お気軽に聞いてください。
このブログのコメントでも大丈夫ですが、ツイッターのほうが小まめに見るので
ツイッターの「yoshiya_448」までリプライをいただけると、早めにお返事出来ると思います。

皆さんには色々負担をかけてしまう部分もありますが、キチンとルール等を守ってもらえれば
基本的に使用料はかからないようにしてありますので、ご協力お願いします。
このように著作権を信託しておけば、今後カラオケ化やゲーム化等の話があった場合に
非常にスムーズに話が進むのです!
…いや、そういう話が来るかどうかというのはまた別の話になってしまうのですがw
「こっちとしては準備万端!いつでもカモン!」という状況だけは作っておきたいと思いまして。
現在dmeの担当の方が、各方面に一生懸命プロモートをしてくれてるので
是非皆さんも応援をしてくれると嬉しいです。






重要なお知らせはここまでです。

ここからは、どうしてこうなったとか、僕個人の考えとか、ボカロの未来とかを長文で語らせていただきます。
ややこしい話も多く、僕自身も勉強不足なとこもありますが、それでも構わないという方だけどうぞ。






ボーカロイドという物が出てきて数年。
動画サイトでオリジナル曲がたくさんアップされて、人気が出て
アマチュアの創作者の作った曲が、カラオケ(JOYサウンド)で歌えるという
一昔前からは考えられないような時代になりました。

しかしカラオケの仕組み上、ボーカロイド曲が歌われても作者のボカロPにはお金が入りませんでした。
(個人製作者のボカロPにお金を支払う方法が無かった。)
それでもボカロ自体ネットで無料で視聴され育ってきた物ですし
ボカロPも「みんなが楽しんでくれればお金とかいらないよ」と考える人がほとんどでした。

しかしネットでの無料での視聴ならともかく、カラオケボックスでは
ボカロ曲だけを歌おうが普通の曲を歌おうが同じように料金が発生します。
ではそのお金はどこへ行くのか?

それはボカロPとは関係ない第三者です。

「みんなが無料で純粋に音楽を楽しんでくれるなら、私はお金いらないよ」と考えるボカロPも
「みんながお金を払って楽しんで、そのお金は関係ない人の懐に入っていくよ」となれば、
「それはちょっと…」と考えるのが普通だと思います。

でもカラオケで利益を得るのには、現実的に考えるとJASRACに登録するしかない。
でもJASRACに登録すると今度ボカロの二次創作がしにくくなってしまう。
そこで最近多くとられるようになった手法が、音楽著作権の「部分信託」です。

簡単に言えば、JASRACに全部の著作権を預けるのではなく
一部分だけ著作権を預けることによって、
「カラオケのお金は受け取れる、でもネットでは自由に二次創作ができる」
みたいな、いいとこ取りができる方法です。



興味がある人は以下のリンクを読んでみると、部分信託がよくわかると思います。

“ネット発音楽”で新潮流!著作権の「部分信託」で何が変わる?
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20110214/1034478/

デッドボールP(@deadballp)が曲をJASRACに部分信託した件について、著作権信託の解説まとめ。
http://togetter.com/li/61162

40メートル走 【12/7追記】JASRAC部分信託について
http://40meter.blog125.fc2.com/blog-entry-130.html



このような流れで、ボカロ曲は部分信託がかなり浸透してきています。
しかしこの部分信託、個人でも出来ないことは無いらしいですが、
現実的には音楽出版社に間に入ってもらわないと出来ないのが現状です。

僕は「底辺Pの自分には関係ないか~w」とか思っていたんですが
ポジポジが思った以上に伸びて、ドワンゴの方から着うたのメールが来た時に
一緒に「部分信託もしないか?」とお誘いを受けることが出来ました。

正直自分はまだまだ実力不足だと思いましたが、これは滅多にないチャンスだとポジティブに考え
部分信託をさせていただくことにしました。

そこからは担当の方と「どういう形での信託をするか」ということを
長々と打ち合わせさせていただきました。
僕の知識が足りてないので、担当の方に色々質問したり、自分でも色々勉強してみました。

メールでの打ち合わせ、自分でも色々考えた結果、この様な形での信託に決定しました。

【演奏】JASRACに信託

【録音】イーライセンスに信託

【出版】JASRACに信託

【貸与】JASRACに信託

【ビデオ】イーライセンスに信託

【映画】イーライセンスに信託

【CM】イーライセンスに信託

【ゲーム】イーライセンスに信託

【放送】イーライセンスに信託

【配信】イーライセンスに信託

【通カラ】JASRACに信託



「あれ…?部分どころか全部信託してね…?」と思った方もいるでしょうが
結局JASRACとイーライセンスに分けて全部の支分権を信託しました。

特に一番重要なのは【配信】がイーライセンスに信託されるということです。

上の方で出てたデPや40mPは、この【配信】を信託してません。
僕は敢えてこの【配信】を信託することにしました。
なので「歌ってみたはニコ動やYOUTUBEに上げてね」みたいなルールが出来てしまいました。
どうして僕が【配信】を信託したか、何故JASRACではなくイーライセンスなのか。
それらをちょっと話そうかと思います。



まずこの【配信】とは、インターネット上での配信に関する支分権です。
ようするに、インターネット上に曲をアップする、流す、
歌詞を全文載せると言った行為から使用料を徴収するよ。ということです。
なので歌ってみた動画をネットにアップすれば、当然使用料が発生します。
ですが、ニコニコ動画はJASRAC・イーライセンス・JRCと
包括契約(定額の使い放題パックのようなものだと思ってください)を結んでいるので
歌ってみた動画の作者は使用料を支払う必要がありません。

そのような経緯から、二次創作をしてくれる方が使用料を払わなくてもいいように
冒頭の「ネットでのルール」で、ニコ動やYOUTUBEを使ってくださいと言ったのです。
今現在イーライセンスと包括契約してるサイトは、
ニコニコ動画、YOUTUBE、ミクシィ動画、アメーバビジョン、USTREAM等があります。
ちょっと把握しきれてないので、漏れがあるかもしれませんが
以上のサイトでは使用料が発生しません。



じゃあなんで、皆に不便を強いてまでそんな形にしたかというと
・企業の二次使用推進
・作品の保護
というのが主な理由です。

著作権を信託すると、自由な二次創作はしにくくなる部分はあるかと思います。
しかし企業が「この曲を使いたい」と思った時には、信託がされているととても楽というのがあります。
わざわざ著作者一人一人に連絡して、交渉して…という手間を考えると
「お金さえ払えば自由に使える」というのは物凄い便利なことだと思います。
カラオケ等も基本はJASRAC登録曲しか配信しないのが普通です。
JOYのリアルタイムリクエストが例外なのです。
なので、企業の人が「使いたいな」と思った時に使ってもらえるようにしたい。というのが一つ目の理由。

もう一つが作品の保護です。
最近よくイラストの無断転載等が話題になっていますよね。
僕も動画の無断転載は止めてね。というスタンスを取っていますが
それでも無断転載はされています。
なのでネットでの使用もある程度管理してもらいたいというのがあります。
ネットは無法地帯なのが面白いという声もありますが、僕は今後のネットは
合法と違法がキッチリ分かれていくんじゃないかと思ってます。
だからキッチリとルールを守ってもらった上で、みんなで合法で楽しもうということです。

それで何故配信部分がJASRACではなくイーライセンスなのかというと
イーライセンスのほうが色々融通が利く部分があるからです。
例えば自分がピアプロで音源をあげると使用料がかかってしまいますが
イーライセンスならそれを使用料免除とかが出来るのです。
なので今回JASRACとイーラインスに分けて信託をさせてもらったのです。



今回こういうルールを決めることで
「そんなキレイごとを言っても結局金が欲しいんだろ」ということもきっと言われると思います。
もちろんお金が欲しい欲しくないの話をすれば欲しいに決まっています。
でも創作の対価として報酬があることはそんなにいけないことでしょうか?
報酬のために創作することも、好きでやっている創作で結果として報酬が発生することも
両方いけないことだとは思いません。

例えば僕は自作CDを作ったことがありますが、6桁単位の赤字が出ています。
もし赤字がなければ今頃2枚目のCDを作っていると思いますが
金銭面で厳しい部分があり、現在次のCDのメドはたっていません。
「創作者は金銭を求めずに、赤字でも身を削って創作をしなければいけない」
という考えは、創作を萎縮させてしまうこともあると思います。

僕は音楽でお金がもらえるなら、基本的にそのお金は音楽に還元したいと思っています。
なのでなんらかの形で僕の手元にお金が入れば、その分だけ僕の音楽がパワーアップすると思ってくれていいです。



僕自身勉強不足で間違ってる部分もあるかと思いますが、
皆さんと一緒に勉強して、よりよいネットでの音楽活動を送っていければと思います。
本来ならばこんなことが出来るような実力ではありませんが
いつか実力が追いつくように頑張りたいと思います。
出来れば暖かく応援していただけると嬉しいです。

テーマ : ボーカロイド
ジャンル : 音楽

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【著作権について大事な】

こんばんは、今日は皆さんに大事なお知らせがあります。この度、僕のボカロオリジナル曲の「ポジポジ」をd

コメントの投稿

非公開コメント

 

当ブログはリンクフリーです。 よし屋の作成した曲、絵、動画等は転載しないでください。  
プロフィール

よし屋

Author:よし屋
楽しいことが好きです。
特に創作活動が大好きです!

ニコニコ動画でよし屋P名義で
ボカロPをしています。
良かったら聴いてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。